夏だからこそ、ぐっすり眠りたい

2007年05月01日

コミュニケーションは価格に反映する

タイヤの価格はガソリンスタンドでもカー用品店でも一応決まった額を表示してますが、あれは必ずしも絶対的なものじゃありません。

交渉の余地は十分あります。そこでガソリンスタンドが有利になります。どうしてでしょうね。

あなたは1年に何回ガソリンスタンドに行きますか。例えば、月に1.5回の人は年18回ということになりますね。では、カー用品店には何回行きます?年に1回か2回。まあ、そんなものでしょう。中には行ったことのない人もいるのでは。

ガソリンスタンドは車を所有してる限り100%の人が利用します。ここに大きな差があります。価格の交渉をするにしても、いきなり面識のないカー用品店の店員さんとするのと普段から多少でも会話のあるガソリンスタンドの店員さんとでは、どちらがやり易いでしょうか。尋ねるまでもないことですね。

店員さんの受ける印象も随分違うでしょう。初対面でいきなり値切る人を快く思う人はあまりいないと思います。反対に顔なじみのお客さんから値段のことを持ちかけられたら、嬉しいものです。自分の売上げに協力してくれる意思をお客さんの方から示しているのですから。
posted by 管理人 at 20:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。